p2014_b of Rollerskates-Paradise


13TOP.jpg

2014年12月20日(土)
ROLLER×DISCO PARTY ARENA The 3rd Anniversary Christmas★Night

 年内最後のローラーディスコはローラースケートアリーナ3周年を記念したスペシャルイベントでした。開場してからもう3年になるんですね。月日の経つのは早いこと!驚きます。
 オープニングはほの暗いリンクにただ1人、わずかな光に浮かぶピエロのシルエット。そのミステリアスなスケーティングから始まりました。その後、光が渦巻き輝き音楽が落ちついたところで小泉さんが登場。開幕の挨拶の後はショータイムに突入して初心者ワンポイントレッスン、ローラートレイン、ミニランプエリアでのアグレッシブスケーティングなどで会場が盛り上がりました。DJ TARO&WATARUのペアダンス新鮮でした!そしてKz Crew×Aalon、DO Itのスペシャルショータイム!美しかったです。センターでの参加者のオリジナリティに富んだパフォーマンスもとても楽しく見せていただきました。コスチュームも通常のディスコより“ヒカリモノ”系が多いクリスマスシーズンはリンク全体が華やかで楽しみなイベントのひとつになっています。

東京ドーム ローラー×スケート アリーナ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13TOP.jpg13TOP.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg



20top.jpg

2014年12月7日(日)
アドベンチャーローラーフェスタ in 森林公園
場所:埼玉県国営武蔵丘陵森林公園 
渓流広場および渓流広場から北口へかけてのサイくリングコース

 スタッフは朝早い時間からの集合で、はく息も白く見えるほどの寒さ。昇って来た陽に照らされて渓流広場にある木製のテーブルの表面に降りた霜がキラキラ輝いて見えました。東京都とは全く気温が違う厳しい気象条件のなかでの開催でしたが、昼間には少し寒さもゆるぎたくさんの参加者の方たちでにぎわいました。今回のイベントの目玉はなんといってもサイクリングコースをスケートに初めて開放していただけたこと。普段はローラースポーツができない公園なのです。そのアップダウンがあるサイクリングコースを紅葉を楽しみながらフリーランで思いっきり楽しんでもらえたようです。他にもスピードチームのデモ滑走、Kz crewにseedの二人が加わったバージョンもあるスペシャルダンスパフォーマンス、インラインスケートスラロームチームASHのデモ、初心者教室、ブレイブボードとへんしんバイクの体験ワンポイントレッスンなど初めて来ても楽しめる要素が満載のイベントでした。

アドベンチャーローラーフェスタin森林公園ブログ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.psd08.psd09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
12.jpg12.jpg11.jpg11.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20top.jpg20top.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg


トップ.jpg

2014年11月23日(祝・日)
下総インラインマラソンチャレンジ×第22回 全日本ローラーマラソン選手権

 2011年より千葉県トライアスロン連合協力のもと「CTUデュアスロンinフレンドリーパーク下総」と合わせてインラインマラソンの大会が開催されてきました。そして今年からは日本ローラースポーツ連盟との共催で「下総インラインマラソンチャレンジ2014」と「第22回全国ローラーマラソン選手権大会」を同時開催することになりました。千葉県トライアスロン連合の協力を得たり、インラインマラソン実行委員会と日本ローラースポーツ連盟の各大会同士がコラボレーションすることにより、さらにパワーアップされた大会になったように思いました。各カテゴリーの優勝者にチャンピオンジャージなどが贈られたことは選手にとっては嬉しい記念品になると思いました。
 また今大会には2007、2008年韓国インラインカップ2年連続チャンピオン、2009年アジアインラインカップチャンピオンのTiger KimさんことKim Beom Sikさん(Nonsan city team現在監督)が視察がてら大会に参戦、子供の入賞者のプレゼンテーターもつとめられました。

Shimohusa Inline Marathon Challenge 2014

DSC_8258.jpgDSC_8258.jpgDSC_8260 2.jpgDSC_8260 2.jpgDSC_8265.jpgDSC_8265.jpgDSC_8269.jpgDSC_8269.jpgDSC_8273.jpgDSC_8273.jpg
DSC_8281.jpgDSC_8281.jpgDSC_8300.jpgDSC_8300.jpgDSC_8306.jpgDSC_8306.jpgDSC_8311.jpgDSC_8311.jpgDSC_8318.jpgDSC_8318.jpg
DSC_8338.jpgDSC_8338.jpgDSC_8339.jpgDSC_8339.jpgDSC_8350.jpgDSC_8350.jpgDSC_8380.jpgDSC_8380.jpgDSC_8413.jpgDSC_8413.jpg
DSC_8450.jpgDSC_8450.jpgDSC_8471.jpgDSC_8471.jpgDSC_8530.jpgDSC_8530.jpgDSC_8532.jpgDSC_8532.jpgDSC_8554.jpgDSC_8554.jpg
DSC_8574.jpgDSC_8574.jpgDSC_8591.jpgDSC_8591.jpgDSC_8594.jpgDSC_8594.jpgDSC_8611.jpgDSC_8611.jpgDSC_8647.jpgDSC_8647.jpg
DSC_8677.jpgDSC_8677.jpgDSC_8680.jpgDSC_8680.jpgDSC_8707.jpgDSC_8707.jpgDSC_8716.jpgDSC_8716.jpgDSC_8757.jpgDSC_8757.jpg
DSC_8812.jpgDSC_8812.jpgDSC_8821.jpgDSC_8821.jpgDSC_8827.jpgDSC_8827.jpgDSC_8832.jpgDSC_8832.jpgDSC_8836.jpgDSC_8836.jpg
DSC_8839.jpgDSC_8839.jpgDSC_8844.jpgDSC_8844.jpgDSC_8851.jpgDSC_8851.jpgDSC_8857.jpgDSC_8857.jpgDSC_8859.jpgDSC_8859.jpg
DSC_8861.jpgDSC_8861.jpgDSC_8863.jpgDSC_8863.jpgDSC_8867.jpgDSC_8867.jpgDSC_8875.jpgDSC_8875.jpgDSC_8877.jpgDSC_8877.jpg



top.jpg

2014年11月14日(金)
Flat Battle ROLLER GAME 2014 5th match 11.14

 今年もついに最終戦を迎えました。場内はいつにも増して観客数も多く最初から熱い空気に満ちていました。その中で繰り広げられたプレイ、1セット目こそムラサキスポーツに3点差で奪われましたが、2、3、4セット目はすべて1点の僅差でシーソーゲーム。しかし4セット目をムラサキスポーツに奪われて1-3でムラサキスポーツの優勝が決まりました。
 2月から始まった第1戦は3-1で東京ボンバーズの勝利、5月第2戦はムラサキスポーツが3セット先取で勝利、7月第3戦は延長戦で3-2で東京ボンバーズの勝利、9月第4戦もやはり延長戦で2-3でムラサキスポーツの勝利に終わり、ムラサキスポーツはこの5戦目の勝利で年間優勝にも決まりました。実は昨年末の最終戦もムラサキスポーツが飾っています。それがジンクスにならないことをファンの方たちは願っていることでしょう。
年度として3年目になる来年の展開が楽しみです。
 若手の選手も2次リーグのオアシスとデンジャーから育って来ています。来年昇格する選手が参戦し始めるとまた新しい展開も望めそうです。2015年の初戦は2月20日!期待しています。

●ベストスケーター賞
#16アラウチ選手(ムラサキスポーツ)
#41アキラ選手(東京ボンバーズ)
●ルーキー賞
#28ナオト選手(東京ボンバーズ)

Roller Game Japan

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg


TOP.jpg

2014年10月25日(土)
ROLLER&DISCO PARTY ~HALLOWEEN★NIGHT~

毎回R&D PARTYの時には参加者のみなさんの仮装が楽しみなんですが、季節柄ハロウィーンともなるとさらに拍車もかかり、コワイ系の方々もたくさん登場します。(笑)今回はDJ TAROさんもゾンビでの登場。Kz crewのメンバーもローラーポリス、ハートの女王様、赤い小悪魔で!最後の表彰式の時にスケートを縁にして結婚されたカップルのサプライズお祝いも飛び出して、とてもいい雰囲気でした。


東京ドーム ローラー×スケートアリーナ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


トップs.jpg

2014年10月19日(日)
2014インラインチャレンジin横浜

場所:神奈川県横浜市日産フィールド小机周回ロード及び中央広場

 今年初オレンジ色のエアーゲートが出現!こういう演出は会場の雰囲気を一気に華やかに盛り上げてくれますね。秋晴れの青空に映えること、映えること!それだけで当日はワクワクしてきました。レース種目は順位を競うのではなく完走を目標に楽しめるかけっこ、フィットネスを楽しむ方でも参加できるロードチャレンジ、本格的なレース仕様のロードレースと各種年齢や走行距離でクラス分けされたコースが用意されていて、参加者が今の実力に合わせて無理なく参加、楽しめるような仕様になっています。ダンス・フリースタイル発表会も実際に観客から参加して踊りの輪に入れるような工夫をこらしたグループもあったりして、見るだけでは終わらないようなノリも出てきていました。
 毎回盛り上がるインラインクロスではアグレッシブメンバーによるミニランプを使ってのデモンストレーションがあり、レースとはひと味違ったパフォーマンスが行われました。
キッチンカーをはじめ、今年はスポーツ大会会場ではおなじみRED BULLのドリンクカーも登場と毎年少しずつパワーアップしている感があります。

2014インラインチャレンジin横浜

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg


05.jpg

2014年10月17日(金)
MURASAKI PARK TOKYO オープニングセレモニー

会場:MURASAKI PARK TOKYO

 都内最大の室内スケートパークがリニューアルオープン!一般開放に先駆けてオープニングセレモニーが開かれました。多くのスケートボードの選手たちが縦横無尽に滑り飛び、場内は飛ぶ、また床に転げ落ち回る人影と響く音、どよめきと拍手が渦巻いていました。競技はなかなか勝負がつかず最後にライダー3人に絞られて競われ、最初にメイクした桑本透伍プロがベストトリック賞をゲット、賞金を受け取りました。屋外ではスタッフが焼くハンバーガーやソーセージ、飲みものがふるまわれ、たくさんの人たちが談笑しにぎわっていました。
 外のハーフパイプのあるパーク行った時に若林愛奈さんに会いました。以前にKazaxの風巻さんから、スピードからハーフパイプに転向した女の子がいると聞いていましたが、初めて会いました。関東地域でハーフパイプをやっている女子選手のことはあまり聞かないので、がんばってほしいと思います。来年はこの外のパークもリニューアルするそうで、ますます楽しみなパークになりそうです。

MURASAKI PARK TOKYO

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


50.jpg

2014年10月12日(日)
第4回全日本ストリートボード選手権大会(AJSC)

会場:TRINITY

 日本一のストリートボーダーを決める大会がTRINITYで開催されました。特別ゲストはスペインから2012年世界チャンピオンのGabi Munoz氏と日本在住のアメリカ人レジェンド ストリートボーダーのBrian Beatty氏で審査員とデモンストレーションで魅せてくれました。大会会場は主催者宮崎さんのMCで終始なごやかな雰囲気、笑顔指数も高い感じ…。もちろんガチで行われているんですが、戦いの場であるのになんだか居心地の良い不思議な現場でした。今年から女子だけで競い合う「ガールズミニランプ」も設けられて大会に華を添え盛り上げにも一役買っています。ノーバインディング部門の「スラローム」ではまだこれからの選手たちがチャレンジ!本戦はミニランプ部門とワンメイク部門で争われ、表彰台でミニランプ部門優勝の伴場光之介選手が「この1年間一番ストリートボードに乗ったのは自分」とコメント、宇田川修人選手の総合優勝三連覇を阻止しました。そして、その猛烈な練習を蔭で支えた母への感謝の言葉も述べられてとても感動的な表彰式になりました。最後は伴場選手の胴上げで締めくくられ、最後まであったかかったぞぉ〜!!


TRINITY facebook

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


トップ.JPG

2014年10月4日(土)〜5日(日)
松戸まつり スピードレース、ダンスパフォーマンス、フリースタイルスラローム

会場:松戸駅西口

 お祭りでのイベントとして60mの短距離ではあっても公道を使うスピードレースはとても珍しいので取材に行ってきました。駅の西口からほぼまっすぐに延びる道路の両脇には、人垣ができて陸橋の上にも見学者が居ました。そのたくさんの人たちが注目するなかでいよいよ出番が回ってきました。まずはまだスケートを始めてから半年くらいの小学生から6年生までの滑走で始まりました。スピードレースの予選のあと
ハーフタイムショーとして向島進之助君のフリースタイルスラロームが始まりました。路面の状態はツルツルでしたが、その条件下での力を尽くしたパフォーマンスでした。そしてインラインダンスのFlick flipのユニット。ところが音響の不調で音が出ません。長過ぎる沈黙の時間に、急遽向島君の追加パフォーマンスが始められてなんとか場をつなぐことができ、見ているこちらもホッとしました。緊張感が流れる場での急な要望に応えてのパフォーマンスは立派でしたね。Flick flipはいつもどおりの元気なダンスで観客を魅了、終わってからのタッチにもたくさんの手が伸びて応えていました。
 そして最後のスピードレース。予選を勝ち抜いた3名の選手の中で唯一の小学生、加藤優弥選手が10mのハンデを維持したままゴールして宇田川選手の8連覇を阻止しました。
地元のお祭りでしたが初めて行った松戸まつり。出店も、観客もパフォーマー団体も多くて驚きました。なかなか知られることが少ないローラースケートですが、そのなかで一般市民に様々なパフォーマンスが見てもらえるのはいいアピールの機会だと思いました。

Kazax

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg


04.jpg

2014年9月13日(土)〜15日(月・祝)
第15回フィエスタ・メヒカーナ2014inお台場Tokyo

会場:港区台場ウェストプロムナード/アクアシティお台場

 3日間に渡って音楽や舞踊、物産や食文化、観光など様々な角度からメキシコを紹介するフェスティバルでのイベント、屋外プロレス『ルチャリブレ』のハーフタイムショーにKz crewが出演するということで取材に行ってきました。(毎日2回のスケジュールで3日間)残暑が厳しい中でメキシコカラー一色のお台場会場は原色にあふれかえり、そこここでビールやかき氷、ソーセージ等などの食べ物を手にした人たちでいっぱいでした。
 パフォーマンス時間が近づくにつれてリングの周りに集まって来た観客たち。テンションが上がる、陽気なラテンのマリアッチ・アガベで雰囲気が盛り上がったところでKz crewが登場。リンク上に敷設されたパネルの上で情熱的なパフォーマンスを展開しました。
 その後にルチャリブレのプロレスが始まりました。これは観客とのやり取りもあったり、テレビで知っていた格闘技よりもかなりコミカルな部分があって楽しめるプロレスです。終わった後「ピニャータ割り」と呼ばれるお菓子が入ったくす玉を子どもが叩いて割るお楽しみも行われました。パフォーマンスが終わった後にもKz crewは大人気でサインやらお話に来られる方に囲まれて、大忙し。
 メキシコ雑貨と食べ物で出店しているビート原さんもこの日はオーナーの顔で登場です。あのTシャツと覆面のお客さま、大勢見かけました!(笑)

第15回フィエスタ・メヒカーナ2014inお台場Tokyo

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


トップ.jpg

2014年9月19日(金)
Flat Battle ROLLER GAME 2014 4th match 9.19

 来日中のリチャードAブラウン夫妻も来場しての第4戦。そして客席には元東京ボンバーズの懐かしい方々もいらっしゃってました。
 ここ最近のローラーゲームは、以前にも増してスピード感がアップして来たように思われます。さらにスピードに加えて若手選手たちのパフォーマンスにも魅せられることが多くなって充実した気持ちでラストを迎えることも多くなりました。
 今回はセットカウントが2:2で延長戦にもつれ込みました。第4セットは追い込まれていた東京ボンバーズのジャマー、Akira選手がローラーゲームでも史上初とDJ TaroさんがMCしていた12点もの大量得点を上げて勝利したものの、最終セットは突き放されてムラサキスポーツが勝利しました。お互いが死力を尽くした戦い、その瞬間喜びに沸くムラサキスポーツチーム、静まり返り脱力の東京ボンバーズと明暗がいつもよりくっきりと現れた対戦でした。次回は、はや今年の最終戦、11月になります。

Roller Game Japan  facebook

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.JPG08.JPG09.JPG09.JPG10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.JPG19.JPG20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.JPG22.JPG23.JPG23.JPG24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.JPG30.JPG
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.JPG44.JPG45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg
51.jpg51.jpg52.jpg52.jpg53.jpg53.jpg54.jpg54.jpg55.jpg55.jpg


TOP-s.jpg

2014年9月6日(土)
Roller Game Japan Banked Track Training Center
(Support by MURASAKI SPORTS)プレオープン!

海老名Xドームが改修されてバンクリンクが誕生しました。現在日本にあるどのリンクよりも傾斜角度が大きいリンクです。リンクを作るにあたっては選手をはじめ、賛同した昔の仲間が結集。みんなの力でできあがったすばらしいものです。このリンクを使って練習を積んで、小泉博氏が2015年本場アメリカでの日米対決ローラーゲームを計画中です。
 3度ほど取材にうかがいましたが、ベテラン選手はなんといっても体に染み込んだ感覚でガンガン滑り慣れてパワーアップした滑走になっていきましたが、現在のローラーゲーム、ローラーダービーの選手たちはやはりその大傾斜角度に少々手こずっている様子でした。
 13日から21日までローラーゲーム1993アメリカチームのコーチ、リチャードA ブラウン氏が来日しました。大流行した当時のローラーゲームに熱狂したファンにとっては神様のような存在の方です。滞在期間中は来場者にアドバイスもしながら、小泉氏と共に往年の円熟した滑りを披露。とても67才とは思えないパワーでした。その間には20年近く前に会った選手たちとの再会を楽しみながらの滑走や、ボロボロになったインソールの代わりにたまたまあった古じゅうたんをスタッフが切って代用品を作らせたり(!)と新たな伝説をいくつか作って、アップルジュースが大好きなレジェンドはフィラデルフィアに帰っていかれました。

9月6日(土)日

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg

9月13日(土)

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg

9月21日(日)

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg


top.jpg

2014年8月17日(日)
『第5回すみだストリートジャズフェスティバル2014』
 ローラーダンス&インラインダンスのパフォーマンス

会場:東京都墨田区 錦糸公園イベントステージ

今年はローラーダンスのDO IT、インラインダンスのチームHa-flow、ユニットのFlickFlip、ソロの MIYUさんたちに参加していただきました。イベンステージでジャズのライブの余韻のさめやらぬ中まずはHa-flowの元気なダンスに続きFlickFlipの都会的でシャープなダンス、今ブームのLet It Go♪に乗せたMIYUのかわいくて優雅なダンス、最後は大人の魅力でクールなDO ITで締めてもらいました。今年もたくさんの観客に見てただくことができ、バリエーションも豊富でとてもよかったと思いました。

すみだストリートジャズフェスティバル

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg


カバー.jpg

2014年8月11日(月)
KZ crewがプロレスのイベントでハーフタイムショーに出演!

会場:新木場1st RING(ファーストリング)

プロレスリング『MOBIUS with リキエンタープライズ【 りべんじ 】』のイベントでKz crewはローラーダンスとしてはたぶん初となるかもしれないハーフタイムショーと、エル ハラペーニョ選手のエスコート役で登場しました。15分間の休憩時間中にリングに木製パネルが運び上げられガムテープで止められあっという間に特設コートが出来上がりました。壁面に取り付けられたスクリーンにはKz crewのイメージ写真とローラーゲームのPVが映されてハーフタイムショーが始まりました。プロレス興行からのインスピレーションでしょうか、いつもよりアクロバティックなChikaさんの振り付けもあって、ところどころでウォーという歓声が巻き起こり観衆から大喝采を受けました。男の世界のイベントに華を添える形になった華麗なローラーダンスはたくさんの観衆の心をつかんだようで、イベントが終わってもKz crewのメンバーはたくさんのお客さまに囲まれて、記念写真の撮影などもあって大モテでした。

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


top1.JPG

2014年7月11日(金)
Flat Battle ROLLER GAME 2014 3rd match

会場:東京ドーム ローラー×スケートアリーナ


JET Leagueのワンマッチ試合は東京ボンバーズとチーム ムラサキの若手男子選手の他に女性も入ってのプレイですが、全体的にスピードこそまだまだな部分もあるとはいえこれがなかなか初々しくてローラーゲームの原点を見るような感じです。女性は3名でDANGERチームの#5Chikaiさん、#6Osawaさん、OASISチームの#9Yukaさんです。JET Leagueからは5月に東京ボンバーズに#35Sanpeiさんの息子さんの#28Naotoさんが昇格、そして今回また2名の男子#21Akagiさんと#95Hideさんが昇格してチーム ムラサキに入りました。これからの活躍が期待されます、応援しています!
さて、レギュラー陣の対戦は前回の乱闘を経て今回乱闘こそなかったもののかなりハードな展開になってきているように感じられました。若手、古豪入り乱れてのプレイは激しさを増してきていてケガ人も数名!加えてDJ TAROさんのMCもユーモアたっぷりで冴え渡り、会場を盛り上げました。成績は延長戦にもつれ込んで3-2で東京ボンバーズが勝利しました。ますますショーアップしているローラーゲーム、楽しめます!!次回は9月19日(金)です。


Roller Game Japan フェイスブック

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg
51.jpg51.jpg52.jpg52.jpg53.jpg53.jpg54.jpg54.jpg55.jpg55.jpg
56.jpg56.jpg57.jpg57.jpg58.jpg58.jpg59.jpg59.jpg60.jpg60.jpg

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|

milk_btn_next.png