p2014_a of Rollerskates-Paradise


TOP.JPG

2014年5月30日(金)

Flat Battle ROLLER GAME 2014 2nd match

会場:東京ドーム ローラー×スケートアリーナ


第2戦はJET Leagueの選手たちによる試合から始まりました。これは現チームの選手たちに若手選手を交えての試合で男女混合、チーム オアシスとチーム デンジャーの戦いになります。このなかから7月の第3戦以降に昇格して本戦出場する選手が出てくるのです。初々しく熱い戦いぶりでした。そして待ちに待った本試合。前回から3ヶ月空いたせいか、最初から選手の動きが激しい感じで展開され、後半にはあわやの一触即発状態も!レッドカードではなく退場勧告でムラサキスポーツの#7ウメムラ選手と東京ボンバーズのキャプテン#86ナオキ選手が退場することにも発展しました。そしてそれはジャムが4人ではなく3人で始まることにもつながりました。結果は接戦の末、ムラサキスポーツが勝利しました。

Roller Game Japan フェイスブック

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg
51.jpg51.jpg52.jpg52.jpg53.jpg53.jpg54.jpg54.jpg55.jpg55.jpg


top2.JPG

2014年5月24日(土)

HEROES vs VILLAINS (TOKYO ROLLER GIRLS PRESENTS)

会場:神奈川県・キャンプ座間内ホッケーリンク

Roller Derbyの試合は男女別で通常行われていますが、最近は世界中で男女混合戦も行われるようになってきています。その流れを汲んでTokyo Rollers Girlsリーグではリーグで初めての男女混合試合が組まれました。
TRGリーグに所属するYokota Scary Blossoms、Yokosuka Sushi Rollers、Zama Killer Katanas、Tokyo3Rollersの女性選手はもちろん、各チームに所属する審判や先のワールドカップに出場したNinjapanチームの中から男子の数名が参加して結構激しいバトルがあるローラーダービーで混合試合となるとどういうことになるのかたいへん興味がありましたが、女子選手はなかなか果敢な戦いぶり!とてもおもしろく観戦することができました。二つに分かれたチームはヒーローvs 悪役チームと色付けられ、試合結果は208対188でHEROSの勝ちでした。
ハーフタイムショーにはコスチュームコンテストも行われることから、各人メイク&コスチュームに工夫をこらしての登場で、それも見応えがありました。キャンプ内リンクであることもあってか、競技もメイク&コスチュームも丸ごと楽しむその姿勢、雰囲気の明るさが、スポーツでありながらまるでパーティーのようにも思えました。

Yokota Scary Blossoms facebook
Yokosuka Sushi Rollers
Zama Killer Katanas
Tokyo3Rollers

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg38.jpg38.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


25.JPG

2014年5月25日(日)

スラローム選手権大会 HIKARIGAOKA CUP 2014

会場:東京都練馬区光が丘公園けやき広場

今年の光が丘カップは残念ながら取材に行けませんでした。
写真は大会でいつも撮影されている細田和裕さまから提供していただきました。
大会レポートは光が丘カップのサイトに掲載されたら転載させていただくことになっています。

HIKARIGAOKA CUP 2014 公式サイト

01.JPG01.JPG02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg
46.jpg46.jpg47.jpg47.jpg48.jpg48.jpg49.jpg49.jpg50.jpg50.jpg


02.jpg

2014年5月4日(日)

埼玉インラインカップ 第10回FINAL大会

会場:熊谷スポーツ文化公園、東第一、第二多目的広場

 ROLLER SKATES PARADISE 7号でも掲載しましたがスケート愛好者たちによる手作り大会が10回をもって9年半の歴史に幕を閉じました。スラロームもスピードの愛好者も、未就学児童から大ベテランのシルバー世代も、カテゴリーや年齢を超えていっしょに楽しめるように構成された大会でした。ですからスピードだけではなく持っているテクニックも要求されるチームで戦う障害物レースなどは、それはそれは見どころツッコミどころ満載でかなり白熱しましたね!
 楽しむことと普及を目的とした大会だったので10回をひとつの区切りとして終了しましたが、他に代わる同様な大会がないだけに非常に残念に思います。

埼玉インラインカップ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
11.jpg11.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg


スピードTOP.JPG

2014年4月19日(土)〜20日(日)

第61回全日本ローラースケートスピード選手権大会
兼:世界選手権大会・アジア選手権大会派遣候補選手選考会

会場:江戸川区水辺のスポーツガーデン ローラーコート


今回はインドネシアからゲスト選手の参加が12名(男子7名+女子5名)あり、いつもの雰囲気とは違ってにわかに国際大会の趣。どんなレース展開になるのか非常に楽しみでした。男子1部、2部、女子、小学生高学年クラスにインドネシア選手が参戦、観戦者にとっても選手にとってもいい刺激と「これから」のいろいろな意味がたくさん含まれた戦いになったと思います。熱帯の国から来てくれた選手たちにとっては、寒過ぎた4月の日本、そして江戸川リンクでの練習もままならなかった中での大会参加でたいへんだったと思います。でも荒削りながらもパワフルな、味の違うスケーティングを間近に見ることができて、とても良かったと思いました。東南アジアの方たち特有のいつもやわらかな笑顔も印象に残りました。
男子2部ではアイススケート選手の新山選手がこれからの夏シーズンにはインラインで大会出場をされるそうです。2部で優勝されましたが、新しい力の出現にこれからのレースの楽しみがまた一つ増えました。最後に今回のインドネシア選手参戦にあたってはkazaxの風巻大翼氏が中心となって送迎を含め、サポートに尽力されました。

Japan Roller Sports FederaTion Speed Committee
特定非営利活動法人 日本ローラースポーツ連盟 スピード専門委員会
情報公開用ブログ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg


top.jpg

2014年4月26日(土)

ZKK vs T3R(座間キラーカタナズ vs 東京3ローラーズ)

会場:神奈川県・キャンプ座間内ホッケーリンク


 日本チームが東京ローラーガールズ(TRG)リーグに参戦しての初試合。相手は強豪座間キラーカタナズ。取材側としても座間キャンプは初めての場所でしたが、入場してみてそのスケールの大きさにとても驚きました。会場となるホッケーリンクの横にはこじんまりとはしていますが、さまざまなセクションがあるパークもあり、日常的にスケートが楽しめるようになっています。
 開会式に続き国歌斉唱もあり、競技開始。最初からしばらくの間は座間キラーカタナズにやられっぱなしの感が強かったのですが、途中から胸を借りて体得したものを(文字通りの競技ですね)そのまま活かせるような試合運びにまるでワールドカップの際のNINJAPAN ROLLERSを見ているような気持ちになりました。試合は100点を超える差で実力の差を痛感させるものでしたが、今後の成長におおいに期待できるものでした。
 終わった後の選手たちの晴れ晴れとしたチャーミングな笑顔をご覧ください、これからがとても楽しみです。この競技は、ママさんバレーのようにかなり長く参加できる競技で、実際ママさん選手もたくさん存在します。普及活動、選手育成、新しいスポーツとしての課題は山積みですが、がんばっていってほしいと思います。

東京3ローラーズとは…Tokyo Derby Dolls、Tokyo Bomber Girls、Happy Roller Tourの3チームが協力して設立したローラーダービーの普及と振興を目的とする団体組織。
フェイスブックページ

ZAMA Killer Katanas
フェイスブックページ

ハーフタイムショーで盛り上げてくれたローリングミニッツ
フェィスブックページ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45s.jpg45s.jpg


top.jpg

2014年4月29(火・祝)

東京ローラースポーツフェスティバル2014

場所:江戸川区水辺のスポーツガーデン ローラーコート

昨年度はスポーツ祭東京2013(東京国体)でのデモンストレーション行事としてローラースポーツ競技が行われました。2020年東京オリンピックでのアピールとして新たに東京ローラースポーツフェスティバル2014が開催されました。今年度から普及活動を中心にいかにローラースポーツ人口を増やすかということにチャレンジして行きます。スケートの種目は多くそれぞれの種目のトップアスリートが行うデモや講習会、記録会、はじめの一歩としての初心者講習会、スポンサーからの豪華プレゼントなど、とても充実した内容で1日楽しく過ごせたと思います。

東京都ローラースポーツ連盟
日本ローラースポーツ連盟

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg26.jpg26.jpg
27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg31.jpg31.jpg
32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg36.jpg36.jpg
37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg37.jpg37.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg




top.jpg

2014年3月29(土)〜30日(日)

第40回 全国フリースケーティング競技会

場所:練馬区総合体育館ローラースケート場

遠方から出場する選手にはこのリンクで年1回会えるのですが、伸び盛りの年代の1年間の成長には毎回驚かされます。体も大きくなり技術も表現力も上達していてとても見応えがあります。今春はオリンピックや世界戦もあってアイスフィギュアが話題になっていましたが、ローラーフィギュアはブーツが重いことによるのか、アイスフィギュアより演技が力強く重厚さがあるように思います。男子選手が少ないのが残念ですが、ぜひもっとたくさんの方に見に来ていただきたい大会のひとつです。
二日予定の大会でしたが、二日目が雨の予報になり前日にプログラムが繰り上げられて進行しました。二日目は表彰式と世界のトップ選手の動画を見ながらの勉強会が行われました。疲れが出たのか薄暗い中での音楽が心地よかったのか爆睡のかわいい選手がいました。


日本ローラースポーツ連盟

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.JPG26.JPG27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg


top.jpg

2014年3月23日(日)

Misconduct Hockey League
TOKYO 30th Gold Division取材

会場:ミスコンダクト・リンク(北戸田)

RSP7号に掲載するため取材に行ってきました。リーグはDivisionと呼ばれるクラス分けがされていて今日はそのGold Divisionの駒沢魂 vs STIGA GoldとSONIDO vs 若い衆の2試合を見てきました。倉庫の中に作られたリンクなのでインラインで滑る音、ぶつかり合う音、シュート時の鋭く堅い音などが響き合って試合をさらに迫力を増したものにしています。パックが場外へ飛び出るのを防ぐためにリンク周りの観客席側はかなりの高さまで透明なアクリル板で仕切られていることが、このスポーツの激しさを物語っています。駒沢魂 vs STIGA Goldは11:3で駒沢魂の勝利、SONIDO vs 若い衆は5:8で若い衆の勝利でした。


Misconduct Co.,Ltd.

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg


top.jpg

2014年3月22日(土)

ROLLER&DISCO PARTY Vol.12

会場:東京ドーム ローラー×スケートアリーナ

三連休の中日、今年初めてのROLLER&DISCO PARTYが開催されました。今回は初心者向けの簡単なステップレッスン のTARO's Lesson、ちょっとレベルアップしたステップのRoller Dance Mix WATARU(ムラサキスポーツ)、Chikaレッスンの生徒さんによるダンスステップ披露 'ON THE BEAT'、Do itとKz Crew のSHOW TIMEとしっかりプログラムが組まれていました。最後には参加者の中からBEST ROLLER BOY&GIRL賞やコスチューム賞などが選ばれて、ムラサキスポーツタオルやローラースケート、スケートボードなど素敵な賞品を受け取りました。

東京ドーム ローラースケート×アリーナ

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg




top小.jpg

2014年3月16日(日)

第71回東京都小・中学生ローラーホッケー大会

会場:板橋区立成増北第一公園ローラースケート場

参加チームは青山ミラクルブレーダーズA、アタックスピッツ、アタックタイガー、ブルートレイン、レッドビッキー、イーグルズJr、光が丘ローラーズ、アリーナキッズの全8チーム。チームごとに年齢差はあるものの最終的には優勝を争いぶつかるわけなので、気持ちでは負けていない子どもたちの熱戦は見応えありました。チームの人数が少なくて交代も頻繁なチームは最後のほうではさすがに疲労の色も濃く見えましたが、どのチームも最後まで力を尽くしてがんばっていました。優勝は青山ミラクルブレーダーズA。昨年の覇者ですが、惜しくも敗れたアリーナキッズは今回が2回目の参戦。1年間で力を付けて決勝戦まで残ってきた東京ドームローラー×スケートアリーナをホームリンクにしている新しいチームです。青山ミラクルブレーダーズAは港区の青山児童館のチームですが、港区は児童館屋上にローラーコートがあり昔からローラーホッケーに力を入れてきた区。ところが最近の児童減少に伴い閉館も続きたいへん残念なことになってきています。港区主催の児童館対抗のローラーホッケー大会を取材したおり、子どもたちのすばらしい戦いぶりを見てきただけに残念な気持ちでいっぱいですが、中学に入っても続けてやりたい意思のある子どもたちの受け皿が何らかの形で早くできあがってくれればと思います。

東京都ローラースポーツ連盟

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg



top.jpg

2014年2月28日(金)

Flat Battle ROLLER GAME 2014 1st match(開幕戦)

会場:東京ドーム ローラースケート アリーナ

昨年チーム ムラサキに総合優勝を奪われた東京ボンバーズの雪辱は果たされるのか!今回は両チームとも少ない人数構成のため、そのぶん各人の出場回数が増える厳しい戦いになり、終盤にはだいぶ疲労の色も濃くみえました。1、2セットを東京ボンバーズが先取し、3セット目はチーム ムラサキが1点差で取ったものの最終セットはまた押さえ込まれて東京ボンバーズが3対1で勝利しました。途中東京ボンバーズ#21マサキ選手の最後まで諦めない10ポイント獲得のすばらしいプレイもあり、会場はおおいに沸きました。第2戦は5月の予定です。試合後の挨拶で小泉博氏から3月にイギリス・バーミンガムで開催されるメンズローラーダービーのワールドカップに出場するNINJAPAN ROLLERSメンバー#16アラウチ、#19イシヅカ、#7ウメムラ(3選手ともチーム ムラサキ)の紹介がありました。

Roller Game Japan facebook
NINJAPAN ROLLERSメンバー紹介You Tube

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg



DSC_5265.jpg

2014年2月23日(日)

東京大マラソン祭り2014 
ローラースポーツオンステージ(14:30~15:30)

会場:イーストプロムナード

東京都ローラースポーツ連盟によるデモンストレーションステージで、体験!スポーツアラカルトでのローラースポーツ体験会の他に有明イーストプロムナードにおいてローラースポーツオンステージが開催されました。ローラースケート、インラインスケート、ブレイブボード等、ローラースポーツのダイナミックなパフォーマンスを披露しました。

アスリートスタジアム
東京都ローラースポーツ連盟
Tokyo RollerSports Festival 2014

DSC_5352 のコピー.JPGDSC_5352 のコピー.JPGDSC_5265.jpgDSC_5265.jpgDSC_5267.jpgDSC_5267.jpgDSC_5273.jpgDSC_5273.jpgDSC_5277.jpgDSC_5277.jpg
DSC_5309.jpgDSC_5309.jpgDSC_5313.jpgDSC_5313.jpgDSC_5322.jpgDSC_5322.jpgDSC_5328.jpgDSC_5328.jpgDSC_5344.jpgDSC_5344.jpg


top.jpg

2014年2月23日(日)

東京大マラソン祭り2014 
ファミリースポーツフェスティバル(11:00~16:30)

会場:東京臨海広域防災公園

体験講習会が始まる前にローリングミニッツによるスラロームデモ、スピードスケーターによるスピードデモが行われました。スラロームのスケーターがタッチするために参加者のところを回ると最初はおずおずとしていた子どもたちでしたが、だんだん笑顔になって手をいっぱい伸ばしてくれるようになりました。
スピードデモもたぶん初めて見る方が多かったと思います。みなさん、真剣な眼差しで見入っていました。その後、体験講習会が始まりました。全部で3回行われましたが、いずれの回も大盛況でした。
最終回の時にスポーツ自慢のよしもと芸人「なかやまきんに君」が来場、上手にスイスイと会場を2周回って、盛り上げてくれました。
* 会場は車いすバスケットと共用で使いました。

体験スポーツアラカルト【ローラースポーツ】
東京都ローラースポーツ連盟
Tokyo RollerSports Festival 2014

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg


02.JPG

2014年2月1日(土)

エイズ等性感染症予防啓発キャンペーン
レッドリボンダンスパフォーマンス

場所:市川市文化会館 小ホール

エイズ等性感染症予防啓発キャンペーン
レッドリボンダンスパフォーマンス

2014年2月1日(土)
古堅さんからお誘いを受け取材に行きました。

第1部は大島華奈さんの講演会
体のメカニズムや男女のメンタル的なこと、
感染する実験などがあり分かりやすく紹介されていました。

はなの性教育ブログ

第2部は中学・高校8校によるレッドリボンダンス発表会が行われ
古堅さんKO-ROW(コロ)さんによる各ダンスの講評などを行いました。

様々なダンスがありレベルも高く楽しめました。
小ホールながらも立ち見もでるぐらい満員となっていて
実は出演者(中学・高校生)の性の問題などの
講演を聞いてもらうためのイベントでもあることが
コラボレーションとしてすばらしい企画だと思いました。

第3部はB-BOY KO-ROWダンスパフォーマンスと
古堅勇ローラーパフォーマンスが行われました。

古堅勇さんのローラーパフォーマンス ○○歳とは思えぬ
ローラーダンスステップで観客を魅了!
今年、メンズローラーダービーの日本代表の一人として参戦予定。

KO-ROWさんのアクロバティックなダンスパフォーマンスは圧巻。
凄すぎです!!

古堅勇ホームページ
★ KO-ROW INJECTION BLOG ★

01.jpg01.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg06.jpg06.jpg05JPG.JPG05JPG.JPG


pg扉.JPG

2014年1月25日(日)

第50回関東社会人ホッケーリーグ戦

場所:練馬区総合体育館ローラースケート場

肌寒い曇天日でした。出場チームはINFINITY、練馬DK、オリエンタル・クラシック、GFクラブ、デラシネの5チーム。優勝は練馬DK、準優勝 GFクラブ、3位 INFINITY、4位 オリエンタル・クラシック、5位 デラシネでした。
個人賞は最優秀選手賞 石井 理(練馬DK)、優秀GK賞 阿部泰三(練馬DK)、最多打点賞 西村勇希(GFクラブ)、10点敢闘賞小野智史(GFクラブ)、松崎悟(INFINITY)、渡辺充彦(オリエンタル・クラシック)でした。

日本ローラースポーツ連盟 Home Page
日本ローラースポーツ連盟 facebook

01.jpg01.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg


01.jpg

2014年1月13日(月・祝)

市川フレッシュフェスティバル
第三部 古堅 勇プロデュース パフォーマンス

会場:市川市文化会館 大ホール

1月13日(月・祝)市川市文化会館 大ホールにおいて
第三部で「 古堅 勇プロデュース パフォーマンス」が行われました。
一部・二部では高校生の吹奏楽部やフルート演奏やピアノ演奏などとの違いがあり
第三部出演に関しては少しずつですが今の時代、
ヒップホップダンスやローラースケートというジャンルなどが
認知されてきているのではないでしょうか

第三部出演は三沢モダンバレエ ジャズダンススタジオの皆様、
ヒップホップダンサー「Beat hacker」の皆様、
ローラースケートパフォーマンスとしてKz crew(Chika・Aoha)&古堅勇さんが出演
アウェー感バリバリと言っていましたがお客さまのノリは一番良かったですよ!!

出演後東京ドームローラー×スケートアリーナチラシ&割引券やローラーゲームのチラシ、
ローラースケートパラダイスの冊子を観客の皆様に配れたことが一番の宣伝に
なったと思います。

You Tube
三沢モダンバレエ ジャズダンススタジオ
HIP HOP「Beat Hacker」
ローラーダンス「Kz crew」
エンディング

DSC_0040.jpgDSC_0040.jpgDSC_0043.jpgDSC_0043.jpgDSC_0060.jpgDSC_0060.jpgDSC_0068.jpgDSC_0068.jpgDSC_0079.jpgDSC_0079.jpg
DSC_0096.jpgDSC_0096.jpgDSC_0104.jpgDSC_0104.jpgDSC_0112.jpgDSC_0112.jpgDSC_0123.jpgDSC_0123.jpg02.jpg02.jpg
03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg
08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg





01top.jpg

2014年1月5日(日)

第21回全国ローラースケートマラソン
(兼:全国ローラースケート ロードレース大会2014)

場所:渡良瀬遊水池谷中湖周回道路(1周4.3km)

男子女子・一般マラソン、一般ロードレース5km、小学生ロードレース5kmの3種目が行われました。渡良瀬名物の風が吹くこともなく穏やかな天候で絶好のレース日和でした。マラソンの男子の部では岡部文武選手が逃げ切り、初優勝しました!男子は6位の座間天平選手まで6人が日本新記録でした。そして男子トップグループに一人混じった後藤眞佑選手も男女合わせた順位でも4位という快挙を成し遂げ、日本新記録を出しました。渡良瀬で遊水池谷中湖周回道路(1周4.3km)を利用してのマラソン大会も今年で20年めを迎え、一区切りついたところで次回のマラソン大会はまた別の場所で開催予定だと発表がありました。今回の大会はそうした点でも記憶と記録に残る大会になったと思います。

日本ローラースポーツ連盟 Home Page
日本ローラースポーツ連盟 facebook


01top.jpg01top.jpg02.jpg02.jpg03.jpg03.jpg04.jpg04.jpg05.jpg05.jpg
06.jpg06.jpg07.jpg07.jpg08.jpg08.jpg09.jpg09.jpg10.jpg10.jpg
11.jpg11.jpg12.jpg12.jpg13.jpg13.jpg14.jpg14.jpg15.jpg15.jpg
16.jpg16.jpg17.jpg17.jpg18.jpg18.jpg19.jpg19.jpg20.jpg20.jpg
21.jpg21.jpg22.jpg22.jpg23.jpg23.jpg24.jpg24.jpg25.jpg25.jpg
26.jpg26.jpg27.jpg27.jpg28.jpg28.jpg29.jpg29.jpg30.jpg30.jpg
31.jpg31.jpg32.jpg32.jpg33.jpg33.jpg34.jpg34.jpg35.jpg35.jpg
36.jpg36.jpg37.jpg37.jpg38.jpg38.jpg39.jpg39.jpg40.jpg40.jpg
41.jpg41.jpg42.jpg42.jpg43.jpg43.jpg44.jpg44.jpg45.jpg45.jpg



milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|

milk_btn_next.png